EQ358

楽しい生活を送るための情報をキュレーションしてお届けするサイトです。時間とお金を損しないための情報を集めます。

テレビ番組

時論公論「旧優生保護法 見過ごされた被害」(全文書き起こし)堀家春野解説委員

投稿日:

障害などを理由に子供をできなくする不妊手術を強制されたとして今日東京仙台そして札幌で3人が国に損害賠償を求める裁判を起こしました。

手術を行う根拠となったのは優生保護法という法律でした。

今夜はなぜ許されるはずのない人権侵害が法律が見直されるまでの半世紀もの間続いたのか考えます

解説のポイントです

優生保護法とはどのような法律だったのか

なぜ被害は見過ごされてきたのか

そして救済の課題についてです

優生保護法が施行されたのは戦後間もない昭和23年

不良な子孫の出生を防止するという優生思想の元精神障害や知的障害などを理由に子供をできなくする不妊手術が始まりました。

当時は親の障害や病気が子供にそのまま遺伝すると考えられていたからです

そして法律のもうひとつの柱が中絶の合法化です

大量の引揚者や出産ブームで人口が増加する中、食料や住宅の不足が深刻化していたからです。

当時の国会の会議の資料には人口の抑制と国民の質を向上させるふたつの狙いが記されています。

不妊手術は本人の同意がなくても医師の診断の上、都道府県の審査会が認めれば実施されました。

当時の厚生省の通知には身体の拘束や麻酔薬を使ったり騙したりしても手術が許されると記されています。

こうして国を上げて手術をを進めていったのです。

法律は平成8年まで施行され、およそ16500人が本人の同意がないまま手術をしていられました。

形式的には本人の同意を得ていてもハンセン病の患者など療養所での結婚を条件に結婚の条件に実質的には手術を強制されたケースを含めると被害者の数はおよそ25000人にのぼります

手術が最も多く行われていたのは昭和30年代でその後件数は減っていきますが平成に入ってからも実施されていました

今日訴えを起こした東京に住む75歳の男性です

14歳の時強制的に手術を受けさせられました

子供を欲しがった妻には亡くなる直前まで打ち明けることができなかったと言います

男性はこのまま胸にしまっておくことはできず裁判に踏み切った人生を返してほしいと話します

厚生労働省はこの問題についてこれまで一貫して当時は合法だったとして謝罪も保証もしていません

多くの人の人権を踏みにじってきた優生保護法、昭和40年代と50年代に見直しが議論されたこともありました

しかし、その過程で強制不妊手術が広く問題にされることはありませんでした

当時最も注目されたのは増加していた中絶の規制強化について、生命の尊重を掲げる団体が規制の強化を求めたのに対し、生む生まない女性の選択だとして女性団体が猛反発、結局国会に提出された改正案を廃案となります

優生保護法を改正する機会はあったものの別の議論の影に隠れ強制不妊手術の実態が明らかになることはなかったのです

法律の改正は平成8年になってようやく行われます

他の法律や制度との整合性が取れなくなったことが大きな理由です

前年には精神保健福祉法が成立、障害者の権利を尊重し福祉を手厚くするという政策を進めようという足元で強制的な手術をしている優生保護法は異質な存在になっていたのです

そして長らくハンセン病患者を強制的に隔離してきたらい予防法の廃止合わせて療養所の中で行われてきた不妊手術の法的根拠となってきた優生保護法も見直されたのです

当時海外から非難の声が上がっていたという事情もありました

なぜもっと早く法律を見直すことが出来なかったのでしょうか

法律を所管していた当時の厚生省の官僚たちはおかしな法律だと思ったが何十年も肯定されてきた法律を否定するのは躊躇したとか、法律が誤っていたとなると国家賠償の対象になるので慎重にならざるを得なかったと証言します

たとえ人権を著しく侵害する差別的な法律であっても一度作ったものは簡単には見直せないというのです

そもそも優生思想が盛り込まれた情報についてはしにほう読み方とか自分かしていたと認識していたと言います

つまり実害のない法律だったというのです

しかし実際は平成に入ってからも数件手術は行われていて法律が生きていたのです

こうした法律が半世紀もの間残った理由は三つあると思います

一つは今見てきたように官僚の過去の政策の否定完了の過去の政策の否定は許されないという考え方です

そしてもう一つは被害者が声を上げられず被害の実態が明らかになってこなかったということです

手術を強いられた人の中には障害が重く声を上げられないという人もいると見られます

そして障害者が子供を育てるのは大変だと言われ手術に同意させられた家族は後ろめたさで声をあげられなかった、こうした事情も考えられます

さらには私たち社会もこうした人たちに目を向けてこなかったということがあります

自分と同じように尊厳や権利が守られているのか思いを致さなかったのです

被害の実態が明らかにならない中、問題は埋もれ行政だけでなく政治も動くことはありませんでした

その反省から反省から今政治の救済を図ろうと議論が進められています課題となっているのが時間の壁です

手術の記録など終了の多くが保存期間を過ぎ廃棄されていると見られています

ではどうやって被害を特定し救済を進めていけばいいのか参考になるのが海外の仕組みです

昭和50年まで障害者への不妊手術が行われていたスウェーデンでは政府が謝罪した上であなたの法律を作り被害者に補償金の支払いを行いました

この中では当事者の言い分を尊重すると共に新たに作られた保障委員会が本人に代わって病院などから必要な資料を入手し被害を認定しました

被害者はすでに高齢化が進んでいます

当事者だけでなく医療機関や施設の関係者など埋もれた被害の断片でも知っている人の証言を拾い上げ速やかに救済を進める必要があります

そしてもう一つ忘れてはならないのは国の責任で問題を検証することです

同じように国の政策の誤りが問われたハンセン病の問題では検証会議が2年半にわたって調査を行い被害の実態に加え専門家やメディアなどの責任を明らかにしました

この経験を生かさなければなりません

優生保護法を長年許してきたのは私たちの社会でもあります

人権を踏みにじられた人たちに目を向けてこなかった責任を重く受け止め事実に基づかない考えや偏見を持つ他の人を傷つけていないか絶えず考えていく必要があると思います

教えてください!この記事であなたの疑問は解決しましたか?
  • 全く解決しなかった (0)
  • 少し解決した (0)
  • まあ解決した (0)
  • 完全に解決した (0)

-テレビ番組

執筆者:

関連記事

時論公論「中学初の道徳教科書と問われる文部科学省」(全文書き起こし)西川龍一解説委員

こんばんは時論公論です 今年の小学校に続き来年春から中学校で教科となる道徳の初めての教科書検定が終わりました くしくも物事を広い視野から多面的多角的に考えへ行き方についての考えを深めるという考える道徳 …

教えてください!この記事であなたの疑問は解決しましたか?
  • 少し解決した (1)
  • 全く解決しなかった (0)
  • まあ解決した (0)
  • 完全に解決した (0)

時論公論「中朝急接近の“なぜ”」(全文書き起こし)出石直・加藤青延解説委員

こんばんはニュース解説時論公論です 金正恩院長の大胆な行動にまた驚かされました 北朝鮮の金正恩院長は今日までの四日間中国を訪問し習近平国家主席と初めての首脳会談を行いました 教え切っている止められてい …

教えてください!この記事であなたの疑問は解決しましたか?
  • 全く解決しなかった (0)
  • 少し解決した (0)
  • まあ解決した (0)
  • 完全に解決した (0)

時論公論「大阪で震度6弱 今後の地震活動に警戒を」(全文書き起こし)松本浩司解説委員

ニュース解説時論公論です。 今朝大阪で震度6弱を観測した地震は時間が経つにつれて大きな被害が確認されて9歳の女の子を含む四人が死亡し怪我をした人は300人以上に残っています。 交通やインフラの混乱・影 …

教えてください!この記事であなたの疑問は解決しましたか?
  • 全く解決しなかった (0)
  • 少し解決した (0)
  • まあ解決した (0)
  • 完全に解決した (0)

時論公論「日大アメフト問題から見えたもの」(全文書き起こし)刈屋富士雄解説委員

日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題 タックル受け選手生命にも関わる可能性もあった関西学院大学の選手が昨日試合に復帰した姿をみてホッとされた方も多かったと思います 逆にタックルをした日本 …

教えてください!この記事であなたの疑問は解決しましたか?
  • 全く解決しなかった (1)
  • 少し解決した (0)
  • まあ解決した (0)
  • 完全に解決した (0)

時論公論「土俵の“女人禁制”再検討へ」(全文書き起こし)刈屋富士雄解説委員

土俵の女人禁制については、戦後大相撲の歩みの中で度々議論の対象となってきました。 先週終わった春巡業ならかてこの問題が大きな社会的関心事として浮かび上がったことを受けて相撲協会は臨時理事会を開き今後検 …

教えてください!この記事であなたの疑問は解決しましたか?
  • まあ解決した (2)
  • 全く解決しなかった (0)
  • 少し解決した (0)
  • 完全に解決した (0)
意外と知らないキャベツの外葉の食べ方、栄養満点捨てちゃダメ

2017/05/25

意外と知らないキャベツの外葉の食べ方、栄養満点捨てちゃダメ...

キャベツの外葉は捨てる必要はないし、市販されているキャベツで農薬の多く付いた外葉はすでに何枚か剥がされています...

渋谷ハロウィン【2017年度】着替え場所までの女子向き地図

2017/10/03

渋谷ハロウィン【2017年度】着替え場所までの女子向き地図...

※2017年の場所が確定しました。 2017年の渋谷ハロウィンが盛り上がる日は? 2017年のハロウィ...

大和屋音次郎、赤坂割烹金舌、東京がむしゃら【news every. 2017.4.19】

2017/04/19

大和屋音次郎、赤坂割烹金舌、東京がむしゃら【news every. 2017.4.19】...

4月17日(20170417)の「news every.」で紹介された”その時が美味チャンス!時間限定の名物ご...

「医者いらず」な健康食アロエ

2017/03/11

「医者いらず」な健康食アロエ

●アロエは歴史的な健康食 世界の歴史を紐解くとアロエは歴史的な健康食と言えます。 古代ギリシャでは、記録と...

地球温暖化への対策が全く無意味になるミニ氷河期の到来

2017/05/30

地球温暖化への対策が全く無意味になるミニ氷河期の到来...

太陽の黒点が減る状態が続いていてもうすぐ地球はミニ氷河期を迎えるそうです。 氷河期になると分かっているのに、...

軽減税率クイズ、これは10%か8%どっち?

2018/10/19

軽減税率クイズ、これは10%か8%どっち?...

軽減税率の基本 2019年10月から消費税が10%になりますが、酒類と外食を除いた飲食料品などは“軽減...

マザーズミートプラザ、ミモザ、魚又【news every. 2017.4.6】

2017/04/06

マザーズミートプラザ、ミモザ、魚又【news every. 2017.4.6】...

4月6日(20170406)の「news every.」で紹介された”主婦の味方・待ちで見つけた”名物お総菜”...

中華料理楽楽(江東区森下)、キッチン城山(西浅草)【news every. 2017.3.8】

2017/03/09

中華料理楽楽(江東区森下)、キッチン城山(西浅草)【news every. 2017.3.8】...

3月8日の「news every.」で紹介された”人情家族の幸せ繁盛店 Part3”は、中華料理楽楽(江東区森...

紅茶の歯へのステイン沈着が侮れない理由

2015/03/09

紅茶の歯へのステイン沈着が侮れない理由...

紅茶というのは、コーヒーに比べると色が薄いので軽く考えがちですが歯にステイン沈着しやすいそうです。 コーヒー...

年越しそばの謎〜縁起に最高な十割そばにこだわる【東京編】

2017/10/08

年越しそばの謎〜縁起に最高な十割そばにこだわる【東京編】...

大晦日に東京で食べる年越しそばなら十割そばにこだわりたいですね。年越しそばは縁起を担いで、厄を断ち切るため...

follow us in feedly