EQ358

楽しい生活を送るための情報をキュレーションしてお届けするサイトです。時間とお金を損しないための情報を集めます。

テレビ番組

時論公論「“自分らしい最期を”望みをかなえるために」(全文書き起こし)飯野奈津子解説委員

投稿日:

こんばんは

人生の最後の時が迫った時、皆さんはどのように過ごしたいと考えでしょうか?

積極的な治療を受けずに住み慣れた自宅で穏やかに過ごしたい、そう考えていても実際には病院で延命のための治療を受けながら亡くなる方が少なくありません

そうした現状を変えていこうと国のガイドラインが11年ぶりに見直されて今月から本格的な運用が始まりました。

今夜は自分らしい最期を迎えるには何が必要か考えてきます。

まず、なぜガイドラインを見直すことになったんでしょうか

これは治る見込みがない病気になった時に、どこで最期を迎えたいか55歳以上の人に聞いた結果です。

自宅が55%、病院など医療施設が28%、介護施設が5%などとなっていて、住み慣れた自宅で最期を迎えたいと考える人が多いことがわかります。

ところが実際にどこで亡くなったのか2016年のデータを見ると、病院など医療施設が最も多く76%、自宅は13%にとどまっています。

こうした希望と現実のギャップをなくして、最後まで本人の思いに添えるようにしていこうというのがガイドライン見直しの狙いです。

今後なくなる人が増える中で本人の思いに関わらず病院で最期を迎える状況が続いていけば将来病院の受け入れ体制が追いつかなると危機感もあるわけです。

ではガイドラインはどう見直されたんでしょうか

これまでのガイドラインは人工呼吸器や心臓マッサージのなどの延命治療を始めたり中止したりする際のルールを定めていて病院での活用を想定していました。

基本原則は3つ、患者本人の意思決定を基本とすること、医師単独ではなく看護師なども入ったチームで判断すること、痛みや不快な症状を緩和するケアを充実させることです。

新しいガイドラインでもこの原則は変えていないですが延命治療だけでなく生活を支えるケアをも重視して在宅や介護の現場でも活用できるようにしています

そして、今回の最大の特徴は本人が意思を決めるまでのプロセスを重視したアドバンスケアプランニングという手法を新たに取り入れたことです。

どんな取り組みなんでしょうか

アドバンスケアプランニングのアドバンスは前もってと言う意味です。

元気なうちに人生の最終段階の医療やケアやどこでどう生きたいかといった価値観も含めて、本人が家族や医療ケアチームと一緒に話し合いを繰り返すことです。

繰り返すのは心身の状態や時間の経過とともに本人の気持ちが揺れ動くからです

その都度話し合いの内容を文書にまとめることを求めています

また自分の意思を伝えられなくなった時に備えて、自らの意思を推定する人を決めておいてその人にも話し合いに参加することを決めています

さてどうでしょうか

人生の最終段階では本人が想いを伝えられない場合が多いということを考えますと元気なうちに話し合いを繰り返すことはとても重要だと思います

今月改訂された診療報酬や介護報酬でも、みとりに対する報酬を増やすしてのガイドラインに沿った対応を現場に求めていますのでこれからアドバンスケアプランニングが広がっていくだろうと思います

問題はいくら話し合っても本人の思いに応えることが出来なければ絵に描いた餅に終わってしまうということです

こちらは最後を迎える場所を考える時に何を重要と思うか聞いた調査結果です

最も多いのが家族などの負担にならないこと、ついで体や心の苦痛なくすごせる、経済的な負担が少ないこと自分らしくいられることなどとなっています

自分のことよりも家族のことを想っている人が多くて家族に負担がかかったり苦痛を取り除いてもらえなかったりするようでは自宅を選べないという結果だと思います

国がアドバンスケアプランニングを勧めるというのならば、こうした不安を取り除いて安心して自宅で過ごせる支援体制を整えることが大切だと思います

ではどんな支援が必要なんでしょうか

これは先日自宅で103歳で亡くなられた女性がその二日前に撮った写真です

この日は孫やひ孫も来てくれて賑やかに過ごしたと言います

最後は、苦しむこともなく息子さん夫婦に見守られて穏やかに息を引き取りました

こうした穏やかな最期を迎えることができたのは地域に24時間対応してくれる医療とケアの支援体制があったからです

この女性が利用したのが看護小規模多機能型居宅介護、「看多機」と呼ばれるサービスです

自宅に看護師が来てくれる24時間365日の訪問看護と訪問介護、そして通いのデイサービス、泊まりのショートステイを組み合わせて受けられます。

医療とケアの両方に目配りできる看護師がいつでも相談に乗ってくれて家族が行き詰まった時泊まりにも対応してくれたので大きな支えになったと言います

この他にも最近は自宅と同じような環境で過ごせるホームホスピスも出てきています

自宅での生活が難しい人が一軒家に一緒に暮らして医療やケアを受けながら最後まで過ごせる場所です

これから増える一人暮らしの人にとっても頼りになる存在です

地域によって事情が違うので全国どこでもこうした支援を期待するのは難しいのかもしれませんけれど自宅で最期を迎えたい人を支える地域の取り組みが欠かせないと思うんです

そして医療やケアの質を高めるために教育や研修も強化しなければなりません

まず、看取りや生活を支える以上についてです

医師は病気を治すことは学びますけれども苦しまずに最後を迎えるための医療を学ぶ機会が大変少ないという風に聞きます

そしてコミュニケーション力を高めることも必要です

本人や家族の不安に耳を傾け、丁寧に説明し対応できるのか医療者との信頼関係があるかどうかで本人の安心感や看取った後の家族の満足度が180°違うといいます。

最後に私たち人生の終わりを迎える本人そして看取る家族の側の問題です

取材を通して感じたのは、これまで私たちが命の終わり死について考え、話すことを避けてきたことが望まない形で最期を迎えることにつながった面があるのではないかということです

私自身今回の取材で命の終わりについて関心をもって知ることの大切さを痛感しました

自分らしい最期を迎えるには何が必要なのか?

まず元気なうちに最期を迎えたいのか自分で考えてみることです

体の衰えを感じた時がそのタイミングなのかもしれません

そして、地域にどんな支援があって評判はどうなのか調べてみる

私も自分の住む地域を調べたところ様々なサービスが始まっていることに驚きました

最後は病院に行けば安心と決めてしまうのではなく地域に目を向けることがその後に役立つのだと思います

家族に思いを伝え話し合っておく、これもとても重要なことです

本人が最後まで自宅で過ごすことを望んでいても家族が安心だからと病院に連れて行ってしまうことがしばしばあるという話も聞きました

本人の強い思いと周りの理解が欠かせないと思います

人生の最終段階をどうを迎えるのか?一人一人病気や家族の状況が違うのでこうでなければならないというひとつの答えがあるわけではありません

ですが誰にでも訪れる命の終わりから目を背けずに考え調べ話しをすることはそれがその人らしい最期を迎えることになるのではないでしょう

こんばんはこれで失礼いたします

教えてください!この記事であなたの疑問は解決しましたか?
  • 全く解決しなかった (0)
  • 少し解決した (0)
  • まあ解決した (0)
  • 完全に解決した (0)

-テレビ番組

執筆者:

関連記事

時論公論「国民民主党結成へ 国政への影響は」(全文書き起こし)安達宜正解説委

新党・国民民主党が結成されることになりました。 民進党と希望の党に所属する国会議員全てが参加すれば野党第一党となります。 ただ、すでに不参加を表明する議員が相次いていて最終的にどの程度の規模になるのか …

教えてください!この記事であなたの疑問は解決しましたか?
  • 完全に解決した (2)
  • 全く解決しなかった (0)
  • まあ解決した (0)
  • 少し解決した (0)

時論公論「プーチン大統領はどう動く 政権4期目始まる」(全文書き起こし)石川一洋解説委員

こんばんは時論公論です。 3月の大統領選挙で圧勝したロシアのプーチン大統領がクレムリンの就任式で宣誓し正式に2024年までの大統領4期目が始まりました。 アメリカとの出口のみえない対立など、これまでに …

教えてください!この記事であなたの疑問は解決しましたか?
  • 全く解決しなかった (0)
  • 少し解決した (0)
  • まあ解決した (0)
  • 完全に解決した (0)

時論公論「戦場になる学校」(全文書き起こし)別府正一郎解説委員

こんばんは シリアやイエメンなど世界各地で紛争が激化する中で今新たな問題が深刻化しています。 学校が軍事攻撃で破壊されたり学校が襲撃されて子供が連れ去られたりするなどますます多くの学校が紛争に巻き込ま …

教えてください!この記事であなたの疑問は解決しましたか?
  • 全く解決しなかった (0)
  • 少し解決した (0)
  • まあ解決した (0)
  • 完全に解決した (0)

時論公論「大阪で震度6弱 今後の地震活動に警戒を」(全文書き起こし)松本浩司解説委員

ニュース解説時論公論です。 今朝大阪で震度6弱を観測した地震は時間が経つにつれて大きな被害が確認されて9歳の女の子を含む四人が死亡し怪我をした人は300人以上に残っています。 交通やインフラの混乱・影 …

教えてください!この記事であなたの疑問は解決しましたか?
  • 全く解決しなかった (0)
  • 少し解決した (0)
  • まあ解決した (0)
  • 完全に解決した (0)

時論公論「議論再燃! ベーシック・インカム」(全文書き起こし)竹田忠解説委員

今夜はこのベーシックインカムです 究極の社会保障か、それとも壮大なバラ巻きか ベーシックインカムといいますのは国が国民全員に生活に必要な最低限のお金を無条件にかかるそういうアイデアです 「そんな夢のよ …

教えてください!この記事であなたの疑問は解決しましたか?
  • 全く解決しなかった (0)
  • 少し解決した (0)
  • まあ解決した (0)
  • 完全に解決した (0)
「医者いらず」な健康食アロエ

2017/03/11

「医者いらず」な健康食アロエ

●アロエは歴史的な健康食 世界の歴史を紐解くとアロエは歴史的な健康食と言えます。 古代ギリシャでは、記録と...

意外と知らないキャベツの外葉の食べ方、栄養満点捨てちゃダメ

2017/05/25

意外と知らないキャベツの外葉の食べ方、栄養満点捨てちゃダメ...

キャベツの外葉は捨てる必要はないし、市販されているキャベツで農薬の多く付いた外葉はすでに何枚か剥がされています...

入梅いわしは梅雨時期に捕れる脂がのった一番おいしい旬な鰯

2017/03/19

入梅いわしは梅雨時期に捕れる脂がのった一番おいしい旬な鰯...

入梅いわしとは、梅雨のシーズンに捕れる脂がのって一番おいしい鰯のことです。鰯料理は調理が手開きで済むので簡...

生クルミの栄養と食べ方【酵素抑制物質対策】通販での買い方

2017/04/09

生クルミの栄養と食べ方【酵素抑制物質対策】通販での買い方...

超優良食品であるナッツ類の中でもクルミはダントツと言えます。生で食べれば、オメガ3脂肪酸、マグネシウム、カルシ...

メンタリストDaiGoが5分で本を読める理由はこの割合にある

2017/04/12

メンタリストDaiGoが5分で本を読める理由はこの割合にある...

メンタリストDaiGoさんは、1冊5分で1日10冊の本を読むそうです。その理由が、本の中にある自分にとって必要...

消えゆく京都の地蔵盆、知らないでは損するその由来と意味

2017/05/19

消えゆく京都の地蔵盆、知らないでは損するその由来と意味...

少子化の影響で消えつつある京都を中心とした近畿地方の地蔵盆ですが、地蔵盆とは地蔵菩薩の縁日で8月の24日前後に...

時論公論「中学初の道徳教科書と問われる文部科学省」(全文書き起こし)西川龍一解説委員

2018/03/30

時論公論「中学初の道徳教科書と問われる文部科学省」(全文書き起こし)西川龍一解説委員...

こんばんは時論公論です 今年の小学校に続き来年春から中学校で教科となる道徳の初めての教科書検定が終わりました...

朝獲れ回転寿司のぶちゃん、廻る富山湾すし玉、伊豆の回転すし伊豆太郎【news every. 2017.3.7】

2017/03/08

朝獲れ回転寿司のぶちゃん、廻る富山湾すし玉、伊豆の回転すし伊豆太郎【news every. 2017...

3月7日の「news every.」で紹介された”ご当地味を満喫!回転すしの旅”は、朝獲れ回転寿司 のぶちゃん...

iPhone修理業者のカラクリ・故障時に損をしないための知識

2017/10/04

iPhone修理業者のカラクリ・故障時に損をしないための知識...

iPhone修理業者のカラクリを理解すれば、iPhoneが故障したときになるべく損をしないで修理をすること...

大和屋音次郎、赤坂割烹金舌、東京がむしゃら【news every. 2017.4.19】

2017/04/19

大和屋音次郎、赤坂割烹金舌、東京がむしゃら【news every. 2017.4.19】...

4月17日(20170417)の「news every.」で紹介された”その時が美味チャンス!時間限定の名物ご...

follow us in feedly