EQ358

楽しい生活を送るための情報をキュレーションしてお届けするサイトです。時間とお金を損しないための情報を集めます。

便利な暮らし

お歳暮をやめるタイミングと最後のお歳暮の贈り方

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

お歳暮を贈るのをやめるタイミングは難しいです。特に、普段会っていない方で、恩師や仲人さんなどへのお歳暮はやめにくいものです。ただ、双方共に「そろそろいいか」と思っているタイミングは同じです。そこで、最後のお歳暮であることが分かるような挨拶文を沿えて最後ののお歳暮を贈ります。今までのお歳暮とは少し毛色を変えることもポイントです。

お歳暮とは

お歳暮とは、お中元と同様に、普段お世話になっている方に送る品物のことで12月中旬から20日ぐらいまでに贈ることが一般的です。

時期については、盆と正月の”正月”の方に重なってるのはタイミングが必要だからです。

分かりやすいタイミングで、お世話になっている方にその感謝を込めて贈るものなのです。

実家に帰るタイミングは、盆と正月ですがその際に先祖へのお供え物として実家に持っていったモノが起源です。

それが何かのタイミングで”普段お世話になっている方”への贈り物になった訳です。

ちなみに、お盆の贈り物はお中元です。

時期が違うだけで、お歳暮と趣旨は同じです。

ただし、お歳暮のみはありますが、お中元を贈るならお歳暮もセットというのが一般的のようです。

お歳暮を贈るのをやめるタイミング

お歳暮を贈るのをやめたい場合もあるでしょう。

贈る先が、実家の親御さんや親戚関係の場合であってもです。

ただ、やめにくいのは、昔はすごくお世話になったけど最近はほとんど会わないという方ですね。

サラリーマンでも、自営業の方でもこういった昔にお世話になった人はいるものです。

また、一般の人間関係でも、恩師や仲人さんなどにはお世話になった当初は贈ることがあります。

ただ、月日が経つにつれ、年賀状だけのやりとりで全く会わなくなっている人でてきます。

贈る方も贈られる方も「もういいのでは?」という気持ちになると思います。

そのタイミングが、お歳暮を贈るのをやめるのはこのタイミングだと思います。

是非、ご自身の直感を信じて下さい。

ただ、問題となってくるのがどのように贈るのをやめるかです。

最後のお歳暮の贈り方

実は、心は通じるものでやり方はシンプルです。

「これが最後のお歳暮です」と分かるように挨拶文に少し”意味深”な文章を入れましょう。

「長年のご愛顧のおかげで無事にやって来られました。」みたいな締めとなるような文章を入れておくと、贈った相手はなんとなく察するはずです。

もちろん、露骨に今回が最後と伝える訳ではないのですし、特にテクニックや例文がある訳ではないので本当に伝わったのか不安に思うのは仕方ありません。

ただ、ここは今までのお世話になった気持ちも含めてしっかりした挨拶を贈る意味で心を込めて文章を書けば伝わるはずです。

特に受け取る側が先方の奥さんであればほぼ間違いなく察してくださいます。

より分かりやすくするために、それまでのお歳暮の品とは少し”毛色”を変えてみればよりわかりやすいと思います。

 

関連記事:『お中元をやめるタイミングと最後のお中元の贈り方

教えてください!この記事であなたの疑問は解決しましたか?
  • 完全に解決した (0)
  • まあ解決した (0)
  • 少し解決した (0)
  • 全く解決しなかった (0)

-便利な暮らし

執筆者:

関連記事

メンタリストDaiGoが5分で本を読める理由はこの割合にある

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。 メンタリストDaiGoさんは、1冊5分で1日10冊の本を読むそうです。その理由が、本の中にある自分にとって必要な情報(本の中の7〜11%程度の割合)だけ …

教えてください!この記事であなたの疑問は解決しましたか?
  • 完全に解決した (0)
  • まあ解決した (0)
  • 少し解決した (0)
  • 全く解決しなかった (0)

アプリ「Sleep Meister」ですっきり起床できる理由

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。 目次1 アプリ「Sleep Meister」2 目覚めが悪い理由3 聞き取れる限界の音量アラーム4 起きたい時間に合わせる方法5 ミソは覚醒しているタイ …

教えてください!この記事であなたの疑問は解決しましたか?
  • 完全に解決した (0)
  • まあ解決した (0)
  • 少し解決した (0)
  • 全く解決しなかった (0)

子育てママの自宅ビジネスにアフィリエイトが最適な理由

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。 望む人は保育園問題で腐心せず、子供が小学校に入るぐらいまでは自宅でビジネスして収入を得るのがいい。女性であるママさんにぴったりの自宅ビジネスはトレンドア …

教えてください!この記事であなたの疑問は解決しましたか?
  • 完全に解決した (0)
  • まあ解決した (0)
  • 少し解決した (0)
  • 全く解決しなかった (0)

お中元をやめるタイミングと最後のお中元の贈り方

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。 お世話になった方に長年贈っていたお中元をやめるタイミングはお互いが「もうそろそろいいのでは?」と感じた頃です。そのタイミングで、挨拶状を使って最後のお中 …

教えてください!この記事であなたの疑問は解決しましたか?
  • 完全に解決した (0)
  • まあ解決した (0)
  • 少し解決した (0)
  • 全く解決しなかった (0)

『あさイチ』で紹介された「オンライン診療」まとめ

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。 「オンライン診療」なるものがNHKの『あさイチ』で紹介されたが、これはスマホやPCなどを使ってインターネットを介してビデオ通話で診療をするというもので …

教えてください!この記事であなたの疑問は解決しましたか?
  • 完全に解決した (0)
  • まあ解決した (0)
  • 少し解決した (0)
  • 全く解決しなかった (0)
意外と知らないキャベツの外葉の食べ方、栄養満点捨てちゃダメ

2017/05/25

意外と知らないキャベツの外葉の食べ方、栄養満点捨てちゃダメ...

キャベツの外葉は捨てる必要はないし、市販されているキャベツで農薬の多く付いた外葉はすでに何枚か剥がされています...

大和屋音次郎、赤坂割烹金舌、東京がむしゃら【news every. 2017.4.19】

2017/04/19

大和屋音次郎、赤坂割烹金舌、東京がむしゃら【news every. 2017.4.19】...

4月17日(20170417)の「news every.」で紹介された”その時が美味チャンス!時間限定の名物ご...

入梅いわしは梅雨時期に捕れる脂がのった一番おいしい旬な鰯

2017/03/19

入梅いわしは梅雨時期に捕れる脂がのった一番おいしい旬な鰯...

入梅いわしとは、梅雨のシーズンに捕れる脂がのって一番おいしい鰯のことです。鰯料理は調理が手開きで済むので簡...

メンタリストDaiGoが5分で本を読める理由はこの割合にある

2017/04/12

メンタリストDaiGoが5分で本を読める理由はこの割合にある...

メンタリストDaiGoさんは、1冊5分で1日10冊の本を読むそうです。その理由が、本の中にある自分にとって必要...

中華料理楽楽(江東区森下)、キッチン城山(西浅草)【news every. 2017.3.8】

2017/03/09

中華料理楽楽(江東区森下)、キッチン城山(西浅草)【news every. 2017.3.8】...

3月8日の「news every.」で紹介された”人情家族の幸せ繁盛店 Part3”は、中華料理楽楽(江東区森...

茅の輪くぐりができる東京の神社、時期は6月晦日の夏越大祓

2017/03/11

茅の輪くぐりができる東京の神社、時期は6月晦日の夏越大祓...

本来は6月の晦日に行われる夏越大祓である茅の輪くぐりですが、東京の神社では晦日の前に行われる神社も多いです。大...

生クルミの栄養と食べ方【酵素抑制物質対策】通販での買い方

2017/04/09

生クルミの栄養と食べ方【酵素抑制物質対策】通販での買い方...

超優良食品であるナッツ類の中でもクルミはダントツと言えます。生で食べれば、オメガ3脂肪酸、マグネシウム、カルシ...

林華苑、芝浦レモンツリー、鳥政【news every. 2017.4.13】

2017/04/14

林華苑、芝浦レモンツリー、鳥政【news every. 2017.4.13】...

4月13日(20170413)の「news every.」で紹介された”どうなっているの!?自称・2番目にウマ...

東京の酉の市・熊手の買い方〜買い方を間違えると運気が落ちる

2017/10/02

東京の酉の市・熊手の買い方〜買い方を間違えると運気が落ちる...

縁起物の熊手で有名な酉の市は関東の方が盛んです。縁起物の熊手の買い方にはポイントがあって、今年に買う熊手を...

教養のない親ほど子供の英語教育に失敗する3つの理由

2017/09/25

教養のない親ほど子供の英語教育に失敗する3つの理由...

教養がないというのは学歴の話ではなく、勉強不足で世間知らずという意味です。そういった方は、英語教育市場で搾...

follow us in feedly